Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//共感することで相手の求めることを知る。~ 同情 と 共感 の違い ~

ブログ

共感することで相手の求めることを知る。~ 同情 と 共感 の違い ~


君は話を聴くとき共感してますか?

目次

共感の大切さ

共感を理解しコミュニケーションを
とることで、円滑なコミュニケーションが
とれるようになります😊

先に述べてしまいますが

共感とはズバリ
「相手の立場になること」です❗

同情も共感もコミュニケーションにとって
どちらも大切なことだけど
同情より共感することにより
相手の求めることを与えられる存在に
なれます😌

簡単にそれぞれの違いを話していきます。

同情とは、相手が持っている感情に対して
自分自身の感情を持つことです。
たとえば、相手にネガティブな出来事が
あったとして、
「かわいそう」「哀れ」などと思い
相手の気持ちに同じであるかのように
なること。

共感とは、相手を評価せず相手の感情を
心から理解し思いやること。
相手の立場に立ち、相手の心に寄り添う
ことで、自分の感情で決めつけては
ならないし、勝手な「自分だったら」
というような決めつけ、意見はいりません。

なんだかわかりづらいですね😅


たとえ話をしましょうか。

相手にとってとてもネガティブな出来事が
ありました。
相手はとても落ち込んでいます。

その人は、真っ暗なトンネルにひとりで
居るような感じです。
「真っ暗だよ。出口がわからないよ。」
「どうしていいかわからないよ。」って
助けを求めています。

助けを求めているときに、その姿を見つけて
「大丈夫?」ってトンネルの中の人に
近寄ってきます。

そして、「自分にもトンネルでひとりに
なったことあるから、その気持ちわかるよ。」
「もうひとりじゃないよ。」って
その人のひとりで辛い思いを共有する。

そして、その人の足元をライトで照らし、
その人の求める出口へと一緒に向かう。

一方の同情は、
「トンネルの中は真っ暗でしょかわいそうに」
って、トンネルの出口から中には入ってこず
「出口はこっち」って勝手に出口をここだと
決めつけてしまうようなこともあれば、

「大丈夫、大丈夫。ひとりじゃないよ」とは
言いつつ、ライトも持ってなかったり、
自分の知っている出口だけに向かったり、
一緒に落ち込み一緒に迷ってしまったりと
してしまう。


他のたとえにすると、

底なし沼に はまっている人が居ます。

一緒に底なし沼に入り
「大丈夫。ひとりじゃないよ」
「安心して」つて。

はまっている人は「助かりたい」

助けようとしている人は
命綱を付けていて
「このロープを掴みな」って
一緒に助かる策を持っている。

もしくは、底なし沼ギリギリに立ち
ロープを投げ
「ロープを掴め!必ず助けてやる!」
ってその場から離れない。

これが共感。

一方の同情は
底なし沼に入るが命綱もなく
「大丈夫。ひとりじゃないよ」しか
寄り添うことができなく
一緒に沈んでしまったりする。
溺れてる人はひとりではないから
安心はするが助かる術がない。

溺れている人は助けて欲しいのにね。


同情が決していけない訳ではありません。
その迷いや悩みを抱えている人が
一緒に泣いたりしてもらって楽に
なることもありますから。
同情を求めているのであれば
そうしてあげればいいと思います。

ただ、根本的な問題解決には
至らないことが多いですね。



重要なポイントとして
あくまでも、
「私は私。あなたはあなた。」
という距離感を定め
境界線を保ちつつ共感するのです。

自分の課題なのか
相手の課題なのか
しっかり見定めることが重要。

「私がしなきゃ、してあげなきゃ」は
自分の課題?相手の課題?
どちらかわかるかな。

距離間が近いほど同情になりやすい
ので気をつけてください。


これを踏まえもっとも簡単にいうと

共感は、相手ベース
相手と一緒に感じること。

同情は、自分ベース
自分が主に感じること。

「相手がどうしてもらいたい」、
意見ではない素直な「自分だったら」
と考えてから行うとスムーズに
出来ると思います😌

注意として
相手は「必ずこう思っている」
「必ずこう感じている」
「必ずこう考えている」
という思い込みや決めつけは
いけません😌

自分でわからなければ
相手に「どうしてほしい?」って
聞いたらいいんですからね😌

相手の求めることを第一にすれば
いいんです😌

ひとりで考えたい時もありますからね。

押し付けはいけませんよ😌


円滑なコミュニケーションをとるには
聴き力が大切になります。

聴き力については、
以前あげてあるブログ
「コミュニケーション うまくいかない
 克服改善方法」
を読み返してみてくださいね😊

今は相手の求めることを理解できなくても大丈夫

私には共感力が足りていないと
思われている方がいるかも
しれませんね。

でも大丈夫です😌

なぜなら、相手をわかってあげようとする
姿勢がゆっくりと君を成長させるから😊

今まで気にしてたつもりだったかも
しれないけど、これを読んで少なからず
より意識していくことで習慣化し
意識せずともできるようになります😌

今までより、「これから」です😊

後悔ではなく反省し、これからをどうして
いけばいいのかを考え行動に移すことに
よって成長します😊

今までなにも意識していなくても
これからを意識していく心が
今の君にとって大きな1歩なんだ😊

だから、大丈夫😁

あせらず ゆっくり マイペース😌
君のペースでやっていきましょうね😊

縁を大切に😊カウンセリングルームつきのあかり

まだ街に電気の灯りがなかった頃、人々を導くのは月の役目でした。迷子の人の心を優しく包み込み、道しるべとなる月灯り。同じように、私もあなたにとっての道しるべのような存在になって、本来の自分を見つける手助けをしたいと思っています。
また、夜空に浮かぶ月は常に満月ではなく、見る時によって三日月や半月などさまざまな形に姿を変えます。ですが本当に欠けてしまっているわけではなく、ただ太陽の光の当たり具合で違う形に見えているに過ぎないのです。けして、あなたに何かが欠けているわけではありません。
悩みを解決するための対話の中で、月の持つイメージである「成長」「再生」「希望」を感じてください。

お問い合わせはこちら

メールは下をタップ❗

電話でのお問い合わせは
ホームページをご覧ください😁

ご予約はこちら

予約先

SHARE
シェアする

ブログ一覧